忍者ブログ
偽造ほんわかABCD

偽造ほんわかABCD

槍兵への愛着MAX
[143]  [142]  [141]  [140]  [139]  [138]  [137]  [136]  [135]  [134]  [133
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

決勝リーグ2戦目は、僕の師匠、加減乗除さんとのガチバトル。
実は師匠とも大会でけっこう頻繁に戦ってる。
毎度毎度、心理戦に負けているのは言うまでもない。
大会での試合成績自体はトントンといったところ。具体的には、

・第二回ドラフトリーグ予選で負け
・第二回ドラフトリーグ決勝で勝ち
・マスカレイドで勝ち
・初代突発大会で負け
・0203突発大会で負け

ね、師匠、意外とたくさん戦ってるでしょ?
ちゃーんと覚えてるんだから。

という事で負け越し状態で望んだ師弟戦onFTT11
始まる前から師匠のチャットに精神を揺さぶられまくり。
だ、だめだ!心理戦に耳を貸しちゃだめだ!
加減一門のブラフ癖はここから来てるんですね。

前置きでぐだついてしまいました、では本編いきましょう。


1戦目

1ターン目

初手は 【水のクリスタル】×2 【無色のクリスタル】 に
【オゴポゴ】 【年老いた教官】 【水神の下僕】 ネクストは 【炎水鉱】

きっちり 【無色のクリスタル】 スタートできて2ターン目から動ける手札ですが、クリスタル過多気味。
どうしたものか、と悩むひまもなく師匠から 《炎風鉱》 がキャストされる。
ハナアルキ空気な上に即キャストとは手札もかなり良い模様。

まずステロカラーからお目見えしてるわけだし、展開は早くなりそう。
引きなおしで事故って死ぬのが怖すぎるので、こちらもキープを決め 【無色のクリスタル】 を詠唱開始。
【プラズマ射出】 や 【対抗呪文】 を引けばあるいは… と、すでに半ば祈るような心持ち。

師匠の 《炎風鉱》 から出てきたのは ターンまたぎ詠唱で 《ムカシハナアルキ》 。
ですよねー。ハナですよねー。
ハナに対してはかなり分の悪いデッキなので、おののくおののく。

2ターン目

【炎水鉱】 をドローし、 【水のクリスタル】 をセット。
【炎水鉱】 からセットする方法もアリだったけれど、
この状況なので柔軟にアタッカーにもブロッカーにもなれるオゴポゴをターン内に出す事を優先。
最悪殴り合いから勝利への道を模索する予定。

そしてドローストックから一枚刺しの 【精神抹消】 !
よっし!対ハナなら万能カウンター!メガロ相手なら3MPのNCで落とせる!
とりあえずは 【オゴポゴ】 をターン内に出るように詠唱開始。

師匠は 《光風鉱》 を詠唱開始。
なるほど、キンニクがらみとはまた師匠らしい。
師匠はハナアルキデッキ組む時絶対4属性以上入れるって言ってたもんね。
とか思ってたら 《光風鉱》 から ターンまたぎの 《トビツキハナアルキ》
こちらには 【オゴポゴ】 がおわすのでまだ怖くない、まだ出させて良いレベル… まだ…。

3ターン目

ドローは 【オゴポゴ】 。
うん、今いらん。
とりあえず手札にハナに対処できるカードが 【精神抹消】 の一枚しかないのが不安なので、
このターンも【水のクリスタル】 をセットし、 ターン内に出るように 【水神の下僕】 を詠唱開始。
とりあえずまわして 【プラズマ射出】 もってこなきゃ 【炎水鉱】 あっても意味ないし。

師匠は 《光水鉱》 をキャスト。 メガロカラーそろった\(^o^)/
まずは場に 《トビツキハナアルキ》 が出現。
僕の心境はうわああああって感じ。 そして 《光水鉱》 から…
《カワハナアルキ》×2 詠唱開始!
それはそれで水耐性\(^o^)/

きっちり 【水神の下僕】 が出現してから 【オゴポゴ】 でアタック。
師匠はスルーして 《ムカシハナアルキ》 でカウンターアタック。

うは…判断うまいっすね。 《カワハナアルキ》 のせいで地上が硬くなるのは見えていて、
この状況で貴重な飛行クロッカーは失えないので、スルー。3ダメージ痛いです。
あとそうこうしてたらターン内に 【水神の下僕】 のドローストックつかえなかった。

4ターン目

ドロー! 【プラズマ射出】 !おっしゃああああああ!
ドローストック使用! さらにもう一枚 【プラズマ射出】 !!!!!!キター!!
これはかなりの優位に立てますよ宣言です!アツすぎる。

喜び勇んで 【炎水鉱】 をキャスト。
【炎水鉱】が出れば7MPになるので、
メガロを出されたら 【精神抹消】NC と 【プラズマ射出】×2 でちょうど7MP。
これが決まればすさまじく優位になれる感じです。

と、加減乗除さんは150fまで沈黙し、
《カワハナアルキ》×2に効果が及ぶように 《トビツキハナアルキ》 詠唱開始。
おっと、そいつは300f。 NCでは対処できないぜ。

という事で400fまで待ってから 《トビツキハナアルキ》 に 【精神抹消】FC 。

そして 《カワハナアルキ》 が出る前に 【オゴポゴ】 でアタック。
師匠はスルーして、 《カワハナアルキ》×2 が出てから
水耐性つきの 《ムカシハナアルキ》 《トビツキハナアルキ》 でアタック。
しょうがないので僕はすべてスルーして 【水神の下僕】 でカウンターした。
この時点でお互いのHPは11と並ぶ。 すさまじい消耗戦。

その後、 【炎水鉱】 から生まれた余剰MPで
《ムカシハナアルキ》 に 【プラズマ射出】 を打ち込む!
どうだ これが にかいこうどうの おそろしさ!

5ターン目

ドロー! 【無色のクリスタル】 。
うん、今7MPだから、出す暇があればかなりおいしいのだけど、
ボードにまったく余裕がないから出さない。
ターン内 【年老いた教官】 + 【プラズマ射出】 できっちり使い切った方が得。

という事で戦闘前のうちに 【プラズマ射出】 を 《トビツキハナアルキ》 に打ち込んで除去。
これで相手の場は 1/1の 《カワハナアルキ》 が2体のみ。 うち1体は水耐性。
お互い手札は3枚。 師匠はその行動からそろそろ息切れしてそうだけど… どうか。
ていうか息切れしてくれなきゃハナアルキには勝てん。
《メガロハナアルキ》 さっき引いてきました。とかだったら詰む。

と、師匠の手札からは 《ムカシハナアルキ》 が詠唱される。
これは息切れっぽい! と僕興奮。 先手付加はちょっとキツいけど、
【水神の下僕】 がクロックできるうちはまだ大丈夫。

少し考えて、 《ムカシハナアルキ》 が出る前に詠唱完了するように 【年老いた教官】 をキャスト。
100fなめんなよ!
師匠は 《ムカシハナアルキ》 のおかげで 《カワハナアルキ》×2に先手がつくものの、
炎耐性はないので 【年老いた教官】を越えられない。
棒立ちさせて 【水神の下僕】 でクロック。 残りHP9!

6ターン目

ドロー! 【水のクリスタル】!
うぐぅ! ここにきて致命的!

しょうがないので手札に残っている唯一のクリスタル以外のカード 【オゴポゴ】 をターン内詠唱。

師匠はそれを見て 《トビハナアルキ》 を詠唱開始。
こちらはそれを見てカウンターのプレッシャーがいらなくなったと判断して
とりあえず 【無色のクリスタル】 詠唱開始。

それにしても、 《トビハナアルキ》 はまずい。 クロックがとまる。
とか考えてたら師匠はさらに 《カワハナアルキ》 を詠唱開始。

これは… 《カワハナアルキ》 が出てしまうと
水耐性+2の飛行が2体、水耐性+4の飛行が1体生まれてしまい、ほぼ詰みになるのが見える。

この時点で 《トビハナアルキ》 出現前に 【年老いた教官】 の継承を使おうか迷ったけれど、
なんとなくまだ保留したくなったので、 素の 【水神の下僕】 でアタックしておく。師匠残りHP7。

師匠は 《トビハナアルキ》 が出てから 《ムカシハナアルキ》 でアタック。僕残りHP10。
残りのクリーチャーはブロッカーとして残されてしまった。 うむう、硬い。

7ターン目

ドロー!【炎水鉱】!死ね!帰れ!
ホント、クリスタル15枚デッキは地獄だぜぇーフゥーハハハァー!
無色2も出ててもう9MPでるからまったく必要性を感じない!

とか嘆いていたら、師匠の手からなんと4枚目の 《カワハナアルキ》…。水メタすぎる…orz
しかも今度は次ターンの戦闘前にお目見え。かなり絶望的状況。

もうまったくしょうがないので 前ターンプレイされた 《カワハナアルキ》 が出る前に
【年老いた教官】 の継承スキルを発動し、 【水神の下僕】 を4/3にしてアタック。
師匠は水耐性を持つハナを大量に作りたかったようで、スルー。師匠残りHP3。
残り3だけど果てしなく遠い3だ……。

そして 《カワハナアルキ》 出現後、ブロッカーを残して2体の飛行クリーチャーでちくちく2点削られた。
1/1パラダイスになってくれているのがせめてもの救いかな。
お互い引きの波が同調してる。

8ターン目

ドロー! 【水神の下僕】 !kkkkktkrrrr!!!
喜び勇んで即キャスト。 ドローストックが楽しみでしょうがない。

その後師匠のクリーチャーにペチペチやられつつ、 【水神の下僕】 光臨。
即ドローストック使用! 【低速取得】 ! 即FC!!!!!
引いてきてほしいのは残り2枚の除去や、1枚刺しの 【飛行亀】、 炎属性の 【年老いた教官】 でも良い。
とにかくたくさん引いてたくさん使ってごり押しで逆転できる… かも。

もちろん、それまでに師匠に
《トビツキハナアルキ》 《キンニクハナアルキ》 《メガロハナアルキ》 を出されたら詰みだけど。

9ターン目

ドロー! 【プラズマ射出】!!!!
神ドロー!

前ターンで師匠は、3体の飛行クリーチャーのうち、
水耐性+6の 《カワハナアルキ》 1体だけを残してアタックしているから、
450fあたりまでに1体でも飛行勢力でアタックしてくれれば、
2/2の 【水神の下僕】 でカウンターし、 残る2体のどちらかにブロックさせ、
最後の1体を 【プラズマ射出】 で焼き払えば、
4/3 【水神の下僕】 のワンチャンスでHPを削りきれる…。

とか計算してたら、150fあたりで 《ムカシハナアルキ》 のアタック。
大事をとってこちらは300fあたりまで待ち、師匠が何の行動もしないのを確認してから、
あとは 計 画 通 り という感じで フィニッシュ!

師匠の次カードは 《メガロハナアルキ》
待たれたら確実に負けていた。

こちらももっと早い段階で 【年老いた教官】 の継承スキルを使っていればここまでもつれなかったかもしれないけれど。


2戦目

初手は【炎水鉱】 に
【低速取得】 【オゴポゴ】 【対抗呪文】 【水神の下僕】 【飛行亀】 ネクスト 【ステルスの天女】
クリスタルが見えない。リドロー。

【水のクリスタル】×2 に
【オゴポゴ】 【年老いた教官】×2 【プラズマ射出】
炎属性がないものの、 【プラズマ射出】 があるし、
また5枚スタートはこの環境では以下略 キープ。

1ターン目~6ターン目

【低速取得】 【水神の下僕】 でぶんまわすものの、
炎属性がこないまま手札は 【年老いた教官】×2 【プラズマ射出】×2 【火炎弾】 と真っ赤に。
師匠の方も回りはよくなかったみたいだけど、
6ターン目に種ハナアルキ3体の状態で 《メガロハナアルキ》 の出現を許してしまい、投了。

3戦目

1ターン目

初手は 【水のクリスタル】 に以下略
クリスタル2枚目が見えないので即リドロー。

引きなおしでやってきたのは
【炎水鉱】×2 に
【オゴポゴ】 【水神の下僕】 【プラズマ射出】 【火炎弾】 と
かなりの良手札な感じ。もちキープ。

僕は 【炎水鉱】 セット。
師匠は 《水風鉱》 から 《ムカシハナアルキ》 でターンエンド。

2ターン目

ドロー! 【炎のクリスタル】!
お、通常クリスタルうまい。
例によって 【オゴポゴ】 をターン内に出したいので 【炎のクリスタル】 をセット。
ドローストックからは 【対抗呪文】 。 うまい!
相手のハナアルキも鉱石なので、
次ターンの 【炎水鉱】 からのカウンターでも主要カードは間に合う。

という事でこちらは予定通り 【オゴポゴ】 を詠唱。
師匠は 《光風鉱》 から 《キンニクハナアルキ》 。
むー、これはめんどうな。

3ターン目

ドロー! 【ステルスの天女】 !
お、さっきから影の薄い天女たんきた。

とりあえず 【炎水鉱】 を詠唱。 同じく師匠も 《炎水鉱》 を詠唱した。

これで 《炎水鉱》 が出れば 《メガロハナアルキ》 の射程範囲になるわけだけど、
ターン終了前に詠唱されたらこのターンでは対処できないし、
《キンニクハナアルキ》 による種強化もうっとうしいので、 《キンニクハナアルキ》 が出る前に
【プラズマ射出】 で 《ムカシハナアルキ》 を焼いておく。

手札がかなり良いのか、 【プラズマ射出】 を見ても 《ムカシハナアルキ》 のアタックはなかった。
とりあえず無人の場を 【オゴポゴ】 でアタック、蹂躙しておく。

そしてやはりターン終了ぎりぎり、495fに 《メガロハナアルキ》 の詠唱が開始された。
これ1枚ならまだ、 【対抗呪文】 も 【火炎弾】 もあるので、 対処法はある。

4ターン目

ドロー! 【プラズマ射出】 ! うまい!うまいぞ!
とるんるんしてたところ、師匠からターン開始直後の 《メガロハナアルキ》 詠唱開始。 2体同時出現!

これはまずいなんてものじゃない…。

150fあたりまで、スキップもせずいろいろいろいろ考えてみたところ、
方法はこれしかない!という事で、
【対抗呪文】 を片方の 《メガロハナアルキ》 に詠唱開始。
残りMPは1なので 【プラズマ射出】 は使えない。

《キンニクハナアルキ》 が3/4になるのは容認して、
次ターンで出た方の 《メガロハナアルキ》 を【火炎弾】 で屠り、
あとは野となれ山となれ作戦だ。
そこで師匠が息切れなら、 《キンニクハナアルキ》 にクロックされ続けても、
こちらは 【水神の下僕】 のアドバンテージからほぼ同速度でクロックしつつ、
逆転の目を探せるはず、という算段。

という事で 【対抗呪文】 が無事発動し、 《メガロハナアルキ》 が1体落ちる。

その後、こちらは 【オゴポゴ】 でアタック。
師匠は 《メガロハナアルキ》 が出てから 3/4《キンニクハナアルキ》 でアタック。
こちらHP15 師匠HP13 。
ボードは大きく師匠に分があるものの、ハンドは僕が4 師匠が3。
そして師匠は有効牌を大量に使っているけれど、こちらはまだハンドの質に余裕がある。

5ターン目

ドロー! 【水のクリスタル】!
よし、6MP目だ。
という事で 【水のクリスタル】 をセットし、 【火炎弾】 を 《メガロハナアルキ》 に打ち込む。
師匠は 鉱石を魔力抽出し、 《ムカシハナアルキ》 を詠唱開始。

師匠のハンドが2枚と少なくなったので、 僕は博打気味に 55fで 【オゴポゴ】 アタックしてみる。
普通なら 《キンニクハナアルキ》 でブッ殺の刑だが、結果はスルー。
むむ… そのハンドにはまだ有効牌があるという事…?

《ムカシハナアルキ》 が出現し、 先手のついた 《キンニクハナアルキ》 でアタックされる。
いよいよ手がつけられなくなってきた…。

6ターン目

ドローは2枚目の 【水神の下僕】 まあまあ。けして悪くはない。

僕が 【水神の下僕】 を詠唱開始すると、
師匠は待ってましたとばかりに 《トビハナアルキ》 を詠唱開始。
ぎゃああああ! 飛行までつけられたら本当に対処できん!

でも対処のしようがないのでしょうがなく放置。飛行先手つき3/4 《キンニクハナアルキ》 という
DCSもびっくりなキンニクに蹂躙アタックされ残りHP9に。
ついにHPアドバンテージでも抜かれた。

とりあえずすわ参上した 【水神の下僕】 のドローストックからは 【対抗呪文】 。
ボードでも負けている現在、使う機会はないかもしれない。
とりあえず 【オゴポゴ】 は空気になる前に仕事してほしいので 相打ち覚悟のエンド前アタック。
と、スルー。 やった! これでHPが9で並んだ!
ってか1/1の無印 《トビハナアルキ》 あたりでブロックされると思ってた。

7ターン目

ドロー! 【年老いた教官】!
よし!この状況での教官様は輝ける権利がある!
今手札にある 【ステルスの天女】 に継承できれば4/4になり、
自重しない 《キンニクハナアルキ》 を超える!

という事でターン内に出るように 【ステルスの天女】 詠唱開始。
カウンターMP確保とかそういう事言ってる場合じゃない。
お互いのHP的にギリギリのラインだし。

と、師匠はこのターン詠唱無しで 《キンニクハナアルキ》でアタック。
もう涙目でスルー。 残りHP6。

こちらは 【ステルスの天女】 が出てきてから
【水神の下僕】 と 【オゴポゴ】 でアタック。

【水神の下僕】 はスルー。 【オゴポゴ】 はついに 《トビハナアルキ》 にブロックされ相打ちを取られた。
師匠の手から落ちたのは 《光水鉱》 。
【オゴポゴ】 …ありがとな…。 お前が自爆覚悟でアタックして生み出してくれた8ダメージが
今、この戦線を支えているんだぜ…。
という事で師匠は残りHP7。 ここ最近師匠は息切れで動けていないので、
こちらはHPリードを犠牲にボードで追いついてきた感があります。

8ターン目

ドロー!【水のクリスタル】!
ふむ、7MPというと、温存していた 【プラズマ射出】 のおかげで二回行動可能なライン。助かる。

と、ここで師匠から 《カワハナアルキ》 がキャストされる。
僕はそれを見て、まずは 【プラズマ射出】 を 《ムカシハナアルキ》 に打ち込み、
それから、選択肢からひとつ選ばなければならない。

まずは 【年老いた教官】 を詠唱して 【ステルスの天女】 に継承し、
4/4の 【ステルスの天女】 でアタックする案。

このターンの1回はほぼ確実に通るし、悪くない案だけど、
カウンターアタックされてこちらも瀕死になってしまう。
僕は大事をとりたい人なので、「HPは15点までがリソース」。
それを下回る事はできるだけ避けたい。
何せ相手は四色。入れようと思えば炎つぶてもプラズマ射出も生命変換も入れられるのだ。

さらに考える。 現状、相手の 《キンニクハナアルキ》 はたぶんアタックしてこない。
アタックすればこちらのカウンターアタックで HPが3で並ぶ。
師匠は今までこちらの 【年老いた教官】 というバンプアップクリーチャーも見ているから、
そうなると 飛行クリーチャーが2体いるこちらが若干有利という事もわかっているだろう。

それから、師匠は最近ずっと息切れ状態だった。だから
《カワハナアルキ》 はどうみても今引きクリーチャー。
それならば、 答えは 《カワハナアルキ》 に 【対抗呪文】 だ。
向こうの 《キンニクハナアルキ》 を確実に超えられない壁にはしたくない。

(後で考えなおしたところ、最良手は「水神の下僕召還」だったように思います)

という事で 《カワハナアルキ》 を詠唱場から叩き落し、
クリーチャーはにらみ合い、 決戦は次ターンに持ち越される。

9ターン目

ドロー! 【低速取得】!
よし!また2MPで二回行動できる!若干間に合わない気もするけど、使っといて損はない!

という事で 【低速取得】 は速攻で詠唱し、400f弱で【年老いた教官】を召還。
師匠はこのターンも魔力抽出のみで、動きは無し。
どうやら本格的に逆事故となってきた模様。
MPはあまっているものの何の行動も無いので、残り1枚の手札もクリスタルだと思われる。

ボードの情勢は確実にこちらに傾いた。

10ターン目

ドロー! 【飛行亀】!
と、ここでほくほくしたのもつかの間、師匠から最大級のサプライズが見舞われる。

《キンニクハナアルキ》 詠唱、そして間髪いれず 《トビハナアルキ》 詠唱開始。
なんとあれだけ沈黙しておきながら、最後の一枚はクリスタルではなかった…。

ここで僕は相当あせる。
が、どうする事もできない、という事で 【飛行亀】 を詠唱し黙認。

【飛行亀】が出る前に殴られるかと思ったけれど、
師匠も慎重策をとり、 僕の 【飛行亀】 を黙認。
そのままにらみ合いで、ターン終了。

僕の場は
2/3 飛 の 【ステルスの天女】
2/2 飛 の 【水神の下僕】
4/4 飛 の 【飛行亀】
2/2 の 【年老いた教官】

師匠の場は
4/5 先飛再の 《キンニクハナアルキ》
2/2 飛 の 《キンニクハナアルキ》
1/1 の 《トビハナアルキ》

となった。
多分、 【飛行亀】 が出る前にアタックしなかったのは
僕の 【年老いた教官】 の継承スキルを警戒しての事。
どちらにしろ、このターンでお互いに相手を即死させる力を持ってしまったので、次ターンで勝負はつきそう。

11ターン目

ドローは 【ステルスの天女】 。
もはやこの場面では手札の 【水神の下僕】 と役割的な違いはほぼないけれど、まあ良い事とする。
加減師匠からサプライズがなければ勝ち筋はありそうなのだ。

と、加減師匠は引いた手札を即キャスト 《カワハナアルキ》 。
僕は勝利を確信。 戦闘に入る前に 【年老いた教官】 の継承スキルを発動させ、
【飛行亀】 を 6/5 にする。

そして 【ステルスの天女】 を詠唱して、出てくるまで待つ。
待ってる間に 【低速取得】 が発動して、 ドローストックから 【炎水鉱】 を引いてきた。

【ステルスの天女】 が詠唱完了した時点で、 【飛行亀】 でアタック。

これはどの分岐でもほぼ勝てるはずの手。
まず、スルーされ、 4/5の 《キンニクハナアルキ》 でカウンターされても 【水神の下僕】 でチャンプブロックし、 【ステルスの天女】 でカウンターしかえせば良い。

2/2の 《キンニクハナアルキ》 でチャンプブロックされた場合も、 【水神の下僕】 でチャンプ→ 【ステルスの天女】 でカウンターは変わらない。

加減乗除師匠が選んだ手は、
1 2/2の 《キンニクハナアルキ》
2 4/5の 《キンニクハナアルキ》
で複数ブロック。 4/5の 《キンニクハナアルキ》 だけが生き残り、こちらに不利な形での1対1交換になったが、それで十分。
残った 【水神の下僕】 【ステルスの天女】 でアタックして、師匠のHPが3になり、
こちらのAtk2の飛行勢力3体で詰めろがかかったところでターン終了。

12ターン目
ドロー後に師匠の投了。


師匠のデッキは
《キンニクハナアルキ》
《トビツキハナアルキ》
《メガロハナアルキ》 に、
《カワハナアルキ》
さらに 《呪文加速》 まで搭載しているという水に対する鬼メタ仕様。

除去を引くタイミングが神がかっていたおかげで何とか勝てました。
師匠も毎回恐ろしい勢いで 《カワハナアルキ》 をドローしていたので、
こちらが炎混じってなかったら普通に蹂躙されてました。

3戦目、4ターン目のメガロ2という鬼展開を凌げたのは個人的に超うれしかったり。
PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[07/25 ヒヅ]
[04/20 処女]
[04/16 熟女]
[04/16 即ハメ]
[04/16 セフレ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
RAT
性別:
男性
自己紹介:
槍兵は俺が護る。
座右の銘は憎まれ上手の不器用貧乏。
kisaraku.cute@hotmail.co.jp
極々たまにメッセもする。
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © 偽造ほんわかABCD All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]